お知らせ

深川とっくり座では、記念すべき公演50回目として、丹青の「柳田格之進」を上演いたします。

昨年3月、コロナウイルスの影響により、公演一週間前に中止を余儀なくされた作品です。

紛失した五十両を巡って、人情、恋、そして武士の一分が交錯する人間模様。落語でもシリアスな作品として知られるこの作品に深川とっくり座がどう挑むか、どうぞご期待ください。お客様のご来場を、劇場にて心よりお待ちしております。

*****************************************

碁の最中に五十両の大金が紛失!!疑いをかけられた格之進は!そして娘おきぬの恋の行方は!

深川とっくり座 公演50回目

「丹青の柳田格之進」

(たんせいの やなぎだかくのしん)

 

●公演日時

8月27日(金)~8月29日(日)

 27(金)18時30分

 28(土)14時/18時30分

 29(日)14時

※受付開始・開場はともに開演の30分前です。

※ご入場時に、お名前・ご連絡先をご記入いただきます。ご協力のほどお願いいたします。

※入場整理券の配布は行いません。また、密を避けるため受付開始時間に合わせたご来場のご協力をお願いいたします。

●劇場

深川江戸資料館小劇場

(江東区白河1-3-28)

*都営地下鉄大江戸線・東京メトロ半蔵門線 清澄白河駅 A3出口 徒歩5分

 

●料金

*日時指定・全席自由

 大人前売  3000円

   (大人当日 3500円)

 中学・高校生  2000円

 小学生以下  1500円

※中学・高校生と小学生以下は前売・当日とも同額

 

※3歳以下のお子様をお連れの際は、「親子室」でのご観覧をお願いしております。(席に限りがありますので先着順でご予約承ります。お問合せください。)

 

●出演

ひぐち丹青・境田真理子・並川信乃・西由紀美・大曲由起・上條陸・川島芽生

河瀬唯(FULL HOUSE OFFICE)・竹村とよ志(貴楽屋)・本多照長(㈱シーグリーン)・茂木紗綾



【新型コロナ感染症対策とご来場時のお願い】

・座席数を通常より減らして上演を行います。

・公演ごとに劇場内の手すり、座席の消毒を行います。

・換気のため本番中も座席後方の扉を開放致します。

・マスク着用でのご来場をお願い致します。

・入場時の検温・手指の消毒にご協力をお願い致します。37.5 度以上の発熱がある方はご入場をお断りする場合があります。 また体調が優れない方はご来場をお控えください。

・万が一のため、お名前とご連絡先のご記入をお願いいたします。お書きいただいた個人情報は公演中のコロナ対策にのみ使用し、厳重に管理いたします。

ご理解とご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。


公演49回目「丹青の火焔太鼓と船番所」は、無事に全公演終了いたしました。

ご来場、誠にありがとうございました。

深川とっくり座公演47回目 丹青の「仇討ち屋ー誉田屋の巻ー」は、公演終了いたしました!

深川とっくり座公演47回目丹青の「仇討ち屋ー誉田屋の巻ー」は、お客様の温かい笑いと拍手に包まれて、無事すべての公演を終了いたしました。

ご来場いただいたすべてのお客様、かかわってくださったスタッフの方々に、心よりお礼を申し上げます。

誠にありがとうございました。

さる5月19日と20日、旧中川「そら豆祭り」のイベントとして、「中川船番所資料館」のジオラマで、10分間の短編を上演いたしました。まるで江戸時代さながらの素晴らしいセット(?)の中で上演したのは、登場人物わずか3名の、とっくり座初のまったく笑いのないシリアスな短編。ぎゅっと凝縮された世界に、お客様からも好評をいただきました。

お蔭さまをもちまして、公演45回目の2018年3月公演、丹青の「三方一両損」は、無事に公演終了いたしました。応援してくださった皆さま、誠にありがとうございました。
ゲネプロ(本番直前舞台稽古)の写真を、ほんの一部ですが公開いたします!


江東ケーブルテレビの取材を受け、深川とっくり座の活動が「熱中区民!活躍中!!」という番組で取り上げられました。
YouTubeの江東区公式チャンネルで見ることができます。前回、8月の公演「幾代餅」の名場面もたっぷり。
これを見たら、深川とっくり座のことが、とってもよくわかりますよ!