あけましておめでとうございます。

2018年を迎え、サイトリニューアルしました、深川とっくり座からご挨拶申し上げます。
今年は創立25周年、劇場公演は3月で45回目の開催となります。ここまで続けてこられたのも、とっくり座の舞台を楽しみに足を運んでくださる皆様のお力添えによるものと、深く感謝しております。

創立以来、古典落語をもとにした芝居を創作してきましたが、近年の作品は、落語とは全く異なる設定、ストーリー、登場人物を加えることでオリジナリティーが高まってきたと好評をいただいております。また、深川江戸資料館との提携公演、地域の高齢者施設での小公演など、活動の場も広がってきています。

今年もいろいろなことに挑戦しながら、より楽しい芝居を作っていこうと、座員一同、気持ちを新たにしています。まもなく3月公演の稽古が始まります。本年も深川とっくり座をどうぞご贔屓にあずかりますよう、よろしくお願い申し上げます。


深川とっくり座

深川とっくり座

義理と人情を縦糸に、人間のおかしさと哀しさを横糸に紡ぎながら 江戸情緒あふれる舞台を繰り広げる、深川とっくり座。 古典落語を大胆に脚色した独自の芝居を創作し、上演しています。 2018年に創立25年目を迎え、45回を数える劇場公演の他に、 高齢者施設、学校、イベントなどでの小公演も多数行っています。

0コメント

  • 1000 / 1000